整体屋公式ページ 山梨県 甲府市 甲斐市 腰痛 肩こり 寝違い 膝の痛み 整体で改善

トップ画像

マタニティ整体

妊婦さんだって整体を受けたい!

妊娠中や出産後の女性の身体にはとても負担がかかっています。出産へ向けて赤ちゃんを生むための準備として、骨盤が緩んできます。 そして骨盤が緩んでくるために、赤ちゃんの成長とともに大きくなるお腹を支えなければならない骨盤が歪んでしまう可能性があります。

骨盤が歪んでしまうと、腰痛・股関節痛・恥骨痛・坐骨神経痛・むくみ・足のしびれ、歩行困難などの症状がでてくることがあります。 骨盤は上半身と下半身を支える大切な部分ですが、妊婦は腹部が大きくなってくるため反り腰となり、そのバランスが崩れてきます。

妊婦

妊娠することで様々な症状が出てくるのに対し、妊婦さんの整体を断るお店は多くあるようです。「妊娠中は危ないから・・・」 「妊婦さんはうつぶせになれないから・・・」 こような理由で妊婦さんの施術を断るところが多いようです。お問い合わせの中で多いのも「他のところでは断られたんですが、こちらでは診ていただけますか?」というお話が多いです。

妊婦

施術はお母さんやお腹の赤ちゃんの安全を第一に考え、お腹に負担のかからない横向きの姿勢や、仰向けで行います。もちろんボキボキとするような施術はいたしません。骨盤や背骨の歪みを直すことで改善することがほとんどです。ストレスを解消し、気持ちよく健康な体づくりをお手伝いさせていただきます。

こんな症状の妊婦さんが来られています。

  • 肩こり・背中・腰の痛みがある
  • お尻の辺りが痛くて寝返り、立ったり座ったりがつらい
  • 足の付け根が痛い
  • 恥骨が痛い
  • 尾骨が痛い(しっぽの部分)
  • 股関節が痛い
  • 坐骨神経痛
  • 脚の重だるさ

骨盤が広がる

『妊娠して出産をする時に、赤ちゃんは狭い骨盤を通って出てきます。 出産をスムーズにするために、骨盤の関節をつないでいる靭帯(じんたい)を緩める作用をするのが、この「リラキシン」というホルモンなんです。

そのリラキシンの作用により、骨盤が動きやすくなったところに、大きくなってくる赤ちゃんを支える負担がかかるため、それまで腰痛が無かった人でも、突然お尻が重だるくなったり、痛くなったりすることがあります。このホルモンの働きは妊娠中ずっと続くことになります。

関節を支えている靱帯が緩んだ場合、考えられることとして次のようなことがあげられます。

①関節が動く範囲が大きくなる。
②関節を支える筋肉・腱、関節のにかかる負担が大きくなる。

特に、妊娠するとお腹が大きくなるため、腰への負担は大きくなります。さらに、体重の増加も加わることが、妊娠中の腰痛・坐骨神経痛の大きな原因となるわけです。

産後の回復期間

出産時には、骨盤が完全に広がるため、産後は骨盤が完全に緩んでいます。 そしてホルモンの影響がなくなり、緩んでいた靭帯が6~8週間かけてゆっくりと回復して行きます。それに伴い骨盤も回復して行きます。

この期間に、骨盤に無理な力が加わると、回復が遅くなったり・歪みが起きて、腰やお尻・恥骨などの痛みの原因になります。

そのため昔は布団を敷きっぱなしにして、いつでも身体を横に出来るようにしこの産後3週間は体が回復するための、期間としていたそうです。そしてこの期間が過ぎると、布団を上げふつうの生活にもどしていく目安にしたそうです。『床上げ』という言葉はそこからきているのだとか。

山梨県甲府市千塚4丁目3-23
営業時間 9:30~20:00(当日分の予約受付18:00まで)
定休日 水曜日

TEL 055-251-9101

TOPに戻る