整体屋公式ページ 山梨県 甲府市 甲斐市 腰痛 肩こり 寝違い 膝の痛み 整体で改善

トップ画像

カラダコラム

筋・筋膜性腰痛

 腰には脊柱起立筋という脊柱(背骨)を支えその運動を行う筋肉があり、腰部では特に発達しています。脊柱起立筋の筋肉疲労による(長時間同じ姿勢を続けるなど、過度なストレスがかかっていると)血行不良などにより、慢性的に発症したものを筋・筋膜性腰痛といいます。また、急性的に発生する場合もあります。この場合は「ぎっくり腰」になると思われます。

背面

 この腰痛の痛みの場所で、多く見られるのが、上の絵の場所。痛みは最初は、あまりひどくなく時間の経過とともに強くなる傾向があります。そして痛みが増して行き、突然、動けなくなるくらいの痛みに襲われる場合も見受けられます。

症状

 時間の経過とともに強くなる傾向があります。腰部の張りや痛みが主な症状です。

原因

 筋肉の疲労による血行不良が主原因です 。

 もっとも起こりやすいのが、脊柱起立筋と呼ばれている筋群です。これは大きく分けると最長筋と腸肋筋になります。その他にも多裂筋、回旋筋などの小さな筋肉もあります。腰椎のすぐ脇に痛みや押さえた時の痛みがあるときは、これらの筋群の障害ではないかと思われます。

多裂筋

予防方法

 筋肉の疲労による血行不良が主原因のため、血行を促進させることが一番です。(ストレッチ、マッサージ、など)また、予防にも改善にも栄養は欠かせません。

 ビタミンB群が不足すると、食事から摂取した糖類が十分に分解できず、乳酸などの疲労物質がたまり、疲れやすい身体になってしまいます。ビタミンB群は糖質を分解してエネルギーに変えてくれます。疲労物質である乳酸を溜まりにくくしてくれるのです。そして、ビタミンB群は、新陳代謝の機能をアップしてくれます。

 ビタミンB群はそれぞれ1つずつ摂るよりも、8種類を全部一緒に取ることで効果をアップさせることができます。8種類とは「B1・B2・ナイアシン・B6・B12・パントテン酸・葉酸・ビオチン」

ビタミンB群が多く含まれる食品

豚肉・玄米・にんにく・レバー・大豆・ごま・うなぎ・かつおなど

 ビタミンCは、疲労回復や免疫強化につながります。ビタミンCはミネラルや鉄分を効率良く吸収してくれます。

 ビタミンEは、抗酸化作用があり、老化やガンのもとになる活性酸素から体を守る働きをしてくれます。また、毛細血管の血流を良くする働きもあります。毛細血管の働きが活発になると、栄養を体の隅々まで運びやすくなるため、壊れた筋肉細胞の修復も早くなります。

ビタミンE群が多く含まれる食品

アーモンド・小麦・ピーナッツ・大豆・カボチャなど

ぎっくり腰

スペース

山梨県甲府市千塚4丁目3-23
営業時間 9:30~20:00(当日分の予約受付18:00まで)
定休日 水曜日

TEL 055-251-9101

TOPに戻る