整体屋公式ページ 山梨県 甲府市 甲斐市 腰痛 肩こり 寝違い 膝の痛み 整体で改善

トップ画像

カラダコラム

野球肘

 スポーツによって肘にも様々な故障が起こります。そのスポーツの名前をとって野球肘、テニス肘なんて呼んだりします。

 高校の野球部員のH君が来ました。ピッチャーをやっているんですけど、肘の調子が悪いらしい。投げられない程では無いが痛みがあるようなのです。

鍼灸院で鍼を打ってもらっているけど変化はないらしい。

腕

 痛みが出る場所としては上の図の赤丸の場所です。右腕と右肘に触れてみました。肘の周囲の筋肉が非常に硬くなっています。押さえると痛みもある。 これは「野球肘」と呼ぶ典型的な症状らしいです。ウィキペディアの「野球肘」の項目を開くと次のように書いてあります。

「症状は投球の際に肘に激しい痛みを覚え、投球を困難にさせ、日常生活でも痛みや、肘が曲がらない、伸ばせないなどの運動障害を起こす。一球で野球肘になることはなく、長期間に渡る、悪いフォームでの投球、過度の投球による肘の酷使によって起こる。そのため野球肘は怪我ではなく故障であるといえる。また類似のものとしてテニス肘がある。」

怪我と故障の違いとは。

怪我は一度に大きな力がかかり起こるもので 打撲、捻挫、骨折、突き指などです。故障は同じ動作の繰り返しで特定の場所が慢性的に傷むこと。別名「使いすぎ損傷」 例)腱鞘炎、疲労骨折やシンスプリント、という感じで分類されているようです。

原因は歪み

それよりも、肘の痛みを何とかしなければいけません。肘関節から下の腕を前腕と言います。この前腕は「尺骨」と「橈骨」と言う2本の骨で構成されています。この2本の内、橈骨側に歪みがありました。これを修正しつつ硬くなっている筋肉も柔らかくします。

修正が終わって押さえてみると痛みがなくなりました。投球フォームをとってみても痛みは無くなったそうです。

 この後も、練習がハードなこともありたまに来ていましたが、それほど酷くなることなく高校生活を終えて大学へ進学していきました。

スペース

山梨県甲府市千塚4丁目3-23
営業時間 9:30~20:00(当日分の予約受付18:00まで)
定休日 水曜日

TEL 055-251-9101

TOPに戻る