整体屋公式ページ 山梨県 甲府市 甲斐市 腰痛 肩こり 寝違い 膝の痛み 整体で改善

トップ画像

カラダコラム

生理痛

生理痛の起きるしくみ

 月経のときには、剥がれ落ちた子宮内膜を外に出すために、子宮内膜から「プロスタグランジン」というホルモンが分泌されます。この物質によって子宮がキュっと収縮します。子宮を収縮させることで生理の経血を身体の外に排出する役割を果たしています。この量が多すぎると収縮が強くなり痛みが発生したり、機能低下や機能障害が原因で痛みが発生すると考えられているようです。

子宮はぶら下がっている

 子宮の位置をご存知でしょうか? 図を見てもらうとわかる様に子宮は通常、やや“前に傾いて”います。そしてその位置にとどまっているのは、子宮を下から支える骨盤底筋、子宮を吊り上げている基靱帯・仙骨子宮靭帯・膀胱子宮靱帯・子宮広靱帯・子宮円靱帯の5つの靭帯があるためです。(図の中には入れていない靭帯、筋肉もあります)

その他の原因として考えられるのは

 子宮内膜症や子宮筋腫等の婦人科的な原因がないのに、生理が来るたびに痛みがでるのには、他にこんな原因が考えられます。図の通り子宮は前後左右を走っている靭帯によって支えられています。このことから骨盤の歪みにより子宮の位置や形が変化してしまうことも大きく関係していると思われます。

 例えば仙骨と子宮とは仙骨子宮靭帯で繋がっているため、仙骨が歪むことで子宮頚が後ろにひっぱらっれてしまうことが考えられます。そうなると経血の出口が狭くなってしまう。子宮が収縮して押し出そうとしているのに経血がスムーズに出てくれないために、子宮内の圧力で無理に広げられることになり痛みが生じるのではないでしょうか。

子宮断面子宮断面

 せめて生理痛という身体的苦痛が少なく抑えることができれば、毎月仲良くつき合っていくことができるかもしれませんね。

スペース

山梨県甲府市千塚4丁目3-23
営業時間 9:30~20:00(当日分の予約受付18:00まで)
定休日 水曜日

TEL 055-251-9101

TOPに戻る