整体屋公式ページ 山梨県 甲府市 甲斐市 腰痛 肩こり 寝違い 膝の痛み 整体で改善

トップ画像

カラダコラム

手指の変形性関節症(プシャール結節、へバーデン結節)

変形性関節症で検索すると、関節軟骨の老化や磨耗によって起こる軟骨と骨の進行性の変性疾患という感じの説明がでてきます。

原因

 原因ですが、医学的には今のところ解明されていないようです。女性の発症率が高いことから、女性ホルモンに関係しているとも言われています。

症状

 手指の腫れ、変形、痛みなどで、症状がでる部位によって名前が付けられています。ヘバーデン結節、プシャール結節、変形性母指CM関節症などと呼ばれています。リウマチでも手指の腫れ・変形、痛みがあります。

指の一番先の関節に起これば「ヘバーデン結節」、二番目の関節なら「プシャール結節」、親指の付け根なら「拇指CM関節症」と名前が変わります。リウマチとはまた違った疾患となります。

水分の不足?

 私の父親がそうなんですね。「左手の中指」と「右手の人差し指」の第二関節に腫れと動かしたとき痛みがあるんです。1年半位前から腫れが出てきたみたいで、病院に行ってレントゲンや血液検査などもしたのですが、リウマチではないとのことでした。

 これには、カフェインの摂りすぎ、水分不足が関係あるのではないかという話もあるので、早速実験開始ダメもとで試してもらっています。

 カフェインは利尿作用があるためコーヒーを多く飲み、他に水分を取らないと水分不足になりやすい、水分が不足すると末端にある手足には水分が十分に行き渡らなくなってしまう。

 そして1週間経過。左手の中指は痛みが無くなったという話でした。しかし、人差し指はまだ痛いらしい。このまま痛みがなくなったり、腫れがひいてくるのか否かはわかりませんが、継続して試してもらっています。

 さらに、コーヒーをやめてもらってから20日後。右手人差し指の関節の痛みも、ほぼとれたとのことでした。

 この「ほぼ」というのは、動かしたり、物をつかんだりする動作では痛みが無くなったようなのですが、指をぎゅっと折り曲げるとまだ痛みが残っているようなのです。

 腫れは残っているのですが、これはどうしようもないのかなとは思いますが。どのように変化していくのでしょうね。まだこのまま継続してやって行ってもらいます。何事も継続してやることが大切ですね。

スペース

山梨県甲府市千塚4丁目3-23
営業時間 9:30~20:00(当日分の予約受付18:00まで)
定休日 水曜日

TEL 055-251-9101

TOPに戻る