整体屋公式ページ 山梨県 甲府市 甲斐市 腰痛 肩こり 寝違い 膝の痛み 整体で改善

トップ画像

カラダコラム

骨盤の傾きを修正する体操

両足の長さが違う

程度の差はありますが、ほとんどの人に左右の足の長さの違いがあると思います。この原因のほとんどは骨盤が傾くことにあります。足の長い方に骨盤が傾いているんですね。

骨盤が傾く主な原因として、

  • 立っている時いつも同じ足に体重をかけている
  • イスに坐る時に足を組む 
  • 正坐の時に足を重ねる 
  • かばんを持つ時に、同じ側で持ってしまう

などがあります。

骨盤の傾きを修正する体操

普段の立ち方や座り方、体の使い方の癖等が、骨盤を左右どちらかに傾かせてしまいます。それに気付かず同じ生活を長期間続けていると、背骨も骨盤の傾きに合わせて歪んでいきます。それがやがて、「腰痛」「肩こり」「首こり」などの症状となって、からだの使い方が間違っていることを、からだ自身が教えてくれます。

ご自分で簡単にできる骨盤の傾きを修正する体操をご紹介します。とても簡単に体のゆがみが修正できる体操です。お試しください。腰がなんだかおかしい、少し背中が変だ、首が痛いかも...。そういう時だけでなく、普段の健康維持にも効果があると思います。

体操

まずは骨盤に傾きがあるかどうかの確認です。仰向けに寝転んでください。まず上の図の様に、右足を「グーッ」と伸ばしてみましょう。力をゆるめて元に戻します。今度は左側。左足を同じようにゆっくりと伸ばして見ます。伸ばしたら元に戻します。

【1.確認】

左右の足の伸ばしやすさを、感じてみてください。腰骨(ベルトを止めている腰の骨)や足の付け根の前の辺りにぐっと伸ばした時、そこの感覚に左右で違いがありませんでしたか?

どちらかが痛かったり、痛いほどでなくても違和感があったり、突っ張ったりする。逆に左右どちらの足を突き出した時に楽、気持ち良かったでしょうか?気持ち良く伸びる方と、伸ばしにくい方があるなど。左右の足を伸ばした時の感覚が違う方は体操を行って下さい。

【2.体操】

先に確認した結果で、気持ち良く伸びる方、または痛みや違和感が少なかった側の足を伸ばします。

先ほどと同じように足をグーッっと突き出します。3秒ほどそのまま止めておきます、そして3秒たったらパッと力をゆるめて元に戻します。

それでは次に効果を確認をしてみてください。再び左右の足を交互にグーッと突き出してみてください。左右の感覚が同じになっていれば終了。

まだ感覚がそろっていなければ同じことを何度か繰り返して感覚の差が無くなるまで続けます。何度やっても差が無くならない場合は、一度やめて、時間をおいてやってみましょう。

【3.効果】

この体操で骨盤の傾きを予防することができます。なんだか腰の調子がよくないという時でも、これをやると楽になることがあります。ただし、骨盤の傾きを修正すれば腰痛等の痛みがすべて消えるということではありませんが、継続してやることで、何らかの変化は出てくると思います。

そして左右の脚の長さが違う人は、この体操で長さが揃うと思います。長さが違うのは骨盤の傾きによるものがほとんどですので、傾きが無くなれば長さが揃います。

短時間で終ってしまう簡単な体操ですので、毎日続けてみてくださいね。

スペース

山梨県甲府市千塚4丁目3-23
営業時間 9:30~20:00(当日分の予約受付18:00まで)
定休日 水曜日

TEL 055-251-9101

TOPに戻る