整体屋公式ページ 山梨県 甲府市 甲斐市 腰痛 肩こり 寝違い 膝の痛み 整体で改善

トップ画像

カラダコラム

ぎっくり腰になったら冷やす?温める?

ぎっくり腰の炎症の意味

 ぎっくり腰に限らず体のどの部分でもそうですが炎症をおこすと痛いですよね。そこから『炎症=悪者』というイメージがあると思います。そのイメージから痛みを素早く取って痛みを抑えるには「冷やす」ことの方がいいように感じられると思います。

 しかし、この「炎症」は体が治そうと一生懸命働いている状態なんです。そしてこの修復作業のときに『痛み』が生じます。体の機能を回復するためには、沢山の血液が必要となります。治すために患部に血液を集めているのに、それを冷やしてしまうと血流が鈍くなってしまいます。

痛みって

 痛みはとても嫌な感覚ですよね。しかし本来痛みには「警告信号」として役割があります。警告信号というのは、「痛みで危険を知らせ反射的にそれを回避する」ものと「患部を休ませるため動かさないようにさせる」という信号です。

以上のことから

 ぎっくり腰のような炎症を伴なう急性腰痛の場合でも、温めた方が早く楽になると思います。しかし痛みも多少は増すこともあります。温めてみて耐えられない位の激痛ではなければ、温めることをおすすめします。温め方としてはカイロを貼るのが良いのではないでしょうか。腰部だけでなくお腹も温めることで早期の回復につながります。

スペース

山梨県甲府市千塚4丁目3-23
営業時間 9:30~20:00(当日分の予約受付18:00まで)
定休日 水曜日

TEL 055-251-9101

TOPに戻る