整体屋公式ページ 山梨県 甲府市 甲斐市 腰痛 肩こり 寝違い 膝の痛み 整体で改善

トップ画像

カラダコラム

上腕二頭筋

上腕二頭筋は、力こぶをつくる筋肉で、途中から肩に向かって長頭腱と短頭腱の二つに分かれています。長頭腱は上腕骨の前面、結節間溝という溝を通っており、その上をずれないように靭帯が被っています。腕を上げるときには腱が、結節間溝の中を滑動しています。

腕

肩から腕にかけ圧痛を伴ってすじ状に硬くなっている人が多いです。場所は肩先から上腕にかけての前の方です。(『上腕』と言うのは肩から肘までの部分。肘から下は『前腕』といいます。上腕を『二の腕』と呼ぶこともりますよね。じゃあ一の腕は前腕ということになるのでしょうか。)

そして、その辺りを押えて見てください。ほとんどの人は、スジばった様な硬い感じがするでしょう。押えると痛みがある人も多いと思います。これは手を酷使することで硬くなったものなのです。

上腕二頭筋が硬くなっていると言う事は、小胸筋、三角筋(肩先から上腕の中間より少し上までの筋肉)、上腕三頭筋(上腕の裏側の筋肉)なども硬くなっているのではないかと思います。

これらの筋肉が硬くなると、腕・肩甲骨を前に引っ張ってしまい猫背の様に背中が丸くなってしまいます。

上腕二頭筋の硬さを自分で解消するには

まず、気をつけの姿勢で立ちます。そして片側の腕を外側へ捻じります(手のひらが外側を向くように)、そして前後にブンブン振ります。片側50回位を目安にやってみてください。それを一日何度かやってみると違いが出てくるのではないでしょうか。

スペース

山梨県甲府市千塚4丁目3-23
営業時間 9:30~20:00(当日分の予約受付18:00まで)
定休日 水曜日

TEL 055-251-9101

TOPに戻る